日本が関わる人身売買

photo-1469082993720-0b12bbd9e68b

はろー^^

社会実験派旅人の戸田慶一です。

 

今日は

今タイにいて

そことも関係してくる話なんだけど

人身売買に関して書いていこうかと思う。

 

人身売買というと

多くの方が日本は関係ない。

途上国だけの問題だとおっしゃるかと思う。

 

本当にそうなのであろうか。

 

今回は人身売買はどういうことかも含めて

記事にしていきたいと思う。


人身売買とはどういうことか?

photo-1462820943295-043986456d2b

人身取引には、「労働搾取、性的搾取、臓器売買」の3種類

参考URL

 

日本政府は国際組織犯罪に取り組むという視点から、「人身取引」という言葉を用いています。
人身売買禁止ネットワークでは、女性や子どもの中でも、移住労働者や社会的に脆弱化させられている人々への暴力の一つとしてこの問題をとらえているので、「人身売買」という言葉を用いています。

参考URL

 

実際に【人】が【モノ】として売られているというよりも

労働力としてということがわかるかと思う。

 

それは

単なる労働かもしれないし

性的労働かもしれない。

 

さらには

臓器の売買ということだ。

 

今回は特に

性的労働に関して話を進めていこうと思う。


途上国が生産国で、先進国が消費国

photo-1427694012323-fb5e8b0c165b

この見出しを読んでどう思ったろうか。

 

例えば

フィリピン、ベトナム、タイ、ミャンマーなどの途上国が生産国。

 

つまり

女の子の生まれ故郷。

 

そして

その女の子たちが働く先が

日本のような先進国ということだ。

 

実際に

昔そういった取引現場に居合わせたことがある。

 

闇両替をしてもらうために

その地域のボスのところにいった時だ。

(何度もしているので顔は覚えてくれている)

 

僕が話し始めると

間に入って話してきた奴がいて(おそらく手下)

そいつが数人女の子を連れてきた。

 

ちょっと待ってくれとボスに言われ

その部屋の隅で待つように言われた。

 

30分ほどでみんな帰り

悪かったな、両替してやるよ。とボスが来た。

 

『さっきの女の子たちは他国で働きたいとかそういう感じ?』

僕がきいた。

 

『あぁそうだ。工場勤務って話なんだけど実際は日本の風俗に流すんだ。』

ボスはそういった。

 

この話のように

騙されて性的労働をさせられている人も少なくない。

 

やりたくてしているのではないのだ。

やりたくなくても、やらなくてはいけない。

 

逃げようものなら。。。

ということである。

 

なので

多くの人間は逃げようとせずに

性的搾取をされ続け

その非日常が日常となり

非常識が常識となる。


他人事として気づかずに犯罪に加担している日本人

photo-1468014187448-46f9ba8890a2

人身売買や

人身取引という言葉を聞いても

自分の関わる問題としてとらえられる日本人はごく僅かだろう。

 

しかし

上でも触れたように

アジア諸国から送り込まれる先は日本だ。

 

ソープにデリヘル、セクキャバに性的マッサージ。。。

 

そういった店へとどんどん流される。

そういった流れ着く先の店の多くは無許可営業のところも多い。

 

そうなると

アムステルダムのレッドライトのように定期検査などをしていないから

性病蔓延の温床化しているとも言えるだろう。

 

そういった店で

価格だけで利用し

そのとき飲みの快楽を得る。

 

それが多くの日本人である。

 


15年以上前から言われる援助交際。これが日本のすべて

今から15年以上前から

援助交際という言葉が日本では使われている。

 

今もなお

この言葉が生きているということは

まだまだその実態もあるということ。

 

援助交際をとっても

日本の子供の性を商品化する傾向が非常に強く

その悪いイメージは世界に広がっている。

 

現に僕も旅している時に

何度も

『日本では世界中の女が安く買えるんだよな?』などと聞かれたこともある。

 

中には

自分の意志でそうした職業についている子もいるかとは思うけど

子供の性を商品化しているのに違いはない。

それをそのまま問題視せずに他人事と捉えていることが問題である。


性、それがタブー視される日本は終わっている

photo-1472849095795-2fc4a310d82f

以前、TENGAの記事においても触れたけど

日本では性に関する話題がどことなくタブー視されている。

 

これが一番の問題ではないのか。

 

国民全員が性に関してオープンにいれれば

LGBTの人達も行きやすい国となるだろうし

そこには新たなビジネスチャンスもある。

 

以前は

性産業に関わる女性の多くは華やかで

裏側とは裏腹に

綺麗なイメージを持たれやすかった。

 

しかし

今は着飾りもしない

幸が薄そうな人さえ出入りしていた。

(日本にいたときに調査済み)

 

性産業に関わるから

お金が手に入るという構図さえ崩れてきている。

 

この現状を知らないままに

日本へ嘘をつかれて彼女たちは連れてこられ

性的搾取をされ続けているのだ。

 

日本でも法整備を早急に進めるべきだ。

 

主要7カ国で唯一、

上から2番目の『対策不十分』という評価で

アジア諸国からの人身売買における

目的地または経由地となっている。

 

法が整備され

駆け込み寺のようなものができ

その駆け込み寺から

政府やNPO法人などまで繋がる場所があれば

現状は好転していくだろう。

 

まずはそういった第一歩が踏み出せる場所を

作ってあげることが絶対的に必要だ。


プーケット在住旅人と繋がる

Ceszw9OoQD6rwMhfDl9R_render0006

もし僕自身や

僕の発信する内容に共感や共鳴をしてくれるならば

ぜひSNSで僕をフォローしてほしい。

 

コミュニケーションを取りながら

1人でも多くの人が住みやすい世界にしていきましょ^^

 

facebook

社会問題中心に僕の視点で色々発信中

instagram

旅人の日常を写真というモノで発信

twitter

社会問題関連やふとしたつぶやきをツイート中

LINE@

スマホの方 ⇒ http://line.me/ti/p/%40gyt3953s
PCの方 ⇒ @gyt3953s で検索

メールマガジン

ライフスタイルをテーマにメルマガ読者だけに特別な音声や動画も毎日配布中

YOUTUBE

プーケットでの日常を動画にてお届け

 

あなたからのフォローを心よりお待ちする。

一緒に世界の歯車を少しだけでも変えましょうよ!