世界で最も後進国、日本

 

あなたはこの記事のタイトル・見出しを見て不思議に思ったかもしれない。

あなたの目は間違っていない。

 

『世界で最も後進国』

と言っている。

 

そう、日本がだ。

 

それは当然のことながら全てにおいてではない。

何においてかというと

。。。

。。。

 

『大麻(マリファナ)』においてである。

 

大麻と聞くと日本人の多くの方は

『麻薬』イコールになっていて

その強烈なマインドブロックは尊敬に値するくらいだ。

 

ただ、

フラットな目線で

世界まで視点をあげ、見てみることで

日本がいかに後進国であるかがわかると思う。

 

今回は

世界と日本の大麻事情にフォーカスしていこうと思う。

 

大麻取締法を作ったアメリカが合法化の嵐

storm

 

70年ほど前までは普通に生活の中にあった『麻』。

 

GHQマッカーサーが来日し

アメリカ主導の下で

その後、制定されたのが

大麻取締法である。

 

それは

1948年のことで、

今から68年も前のことである。

 

僕の両親さえこの世にいない時だ。

 

そんな昔から

他国アメリカの言うままにしてきた日本国民。

ずっと政府の言う

『ダメ、ぜったい』に疑問をも多くの方が持たずにきたのだ。

 

しかし

70年近くたった今

世界的に大きな波が立ち始めている。

 

それは

大麻合法化。

 

大麻取締法を作った原因であるアメリカもすでに多くの州で合法化になり

世界一貧しい大統領として有名になったムヒカ元大統領のウルグアイ。

ヨーロッパならばオランダ。

 

オランダにおいては

一大産業として成り立っている。

 

このように

合法化の波が世界規模で起きているのは確かなようだ。

 

世界規模で大麻の在り方を見てみようか

world

 

わかりやすい表があったのでそちらをお借りして

ご覧いただくことにしよう。

 

weed-table

出典元:BLOGOS
(図)先進国(G10)の大麻の利用状況
産業用:マリファナの主成分THCが0.3%未満の品種に限定して栽培認可
嗜好用:非犯罪化とは、違法であっても少量の大麻所持は取締対象としない政策のこと

 

これはG10と言われる先進10か国におけるデータなのですが

医療用大麻が使われていないのは日本だけになります。

 

世界的に見ても

合法化の流れはあるのですが

まだまだ途上ですね。

 

それはなぜかと言いますと

1961年の「麻薬に関する単一条約」で国際的な規制植物に区分されているというのがあるのです。

 

しかしですね

世界保健機関(WHO)がこの条約において大麻を麻薬の区分から外そうと動いている。

 

これはどういうことかと言いますと

人権的にどうなのかという問題もあるようだ。

 

それは

大麻を持っているだけで逮捕というのが引っかかっているみたい。

 

それ以外にも

病気、特に難病に効果的な臨床結果も数多く出ていて

その方面からかもしれない。

 

現代医療からみる大麻の効果

medical

 

僕が書いたこちらの記事でも触れていますが

医療用として昨今見方が変わってきています。

 

そのことについて

権威ある専門家が次のように述べていました。

医療用大麻は240種類もの疾患に効果があるといわれます。糖尿病、うつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、自己免疫疾患、アルツハイマー、心臓疾患、腎臓疾患などです。特に痛みや痙攣、炎症を抑える効果が非常に強い。これらの適応疾患を日本に当てはめると、日本人の3分の1に相当する約4500万人がカンナビノイドの恩恵を受けることができます。
出典:BLOGOS
日本臨床カンナビノイド学会理事長 新垣実(あらかき・みのる)

 

日本人の1/3の人が恩恵を受けられるというのはすごくありません?

特に精神疾患は今日本で多くなりつつあります。

 

かといって

今の現状では薬漬けにする、気休めのカウンセリング以外ほぼ選択肢がないというのも事実です。

 

あなたはこの話を聞いてどう思いましたか?

 

まだ、

大麻は悪で、麻薬でダメ絶対ですか?

 

そろそろ目を覚まして

新たな一歩を踏み出しませんか?

 

以前の記事中でも

リンクさせていただきましたが

難病を持つ方の生の声などが入っているので

反対派の方をはじめ

操作された考えをお持ちの方は

ぜひ一度しっかりと見ていただきたい動画があるのでご覧ください。

 

 

この動画を見てあなたは何を感じ、思いましたか?

 

以前の記事を書いたときも

散々disられましたが

結果として9.1万イイね、PVで言ったら数十万です。

 

多くの方から

DMで色々言われましたが

面白かったのが

ウィキペディアを理由として貼ってくる人が多かったこと。

 

その時点で経験もなければ

踊らされている犬だと思いましたけどね。

 

あなた自身のものさしでこの問題を考えてほしいなと思います。

 

大きな産業として成り立つ大麻

plantation

 

先に触れたように

合法化の進むアメリカにおいて

大麻産業の成長を見てみよう。

 

このグラフを見れば

どれだけの経済効果が期待できるのかというところも理解できるだろう。

 

original

出典:ArcView Market Research

市場規模はどんどん加速しながら大きくなっている。

 

大麻業界のリサーチ機関である

ニュー・フロンティア・ファイナンシャルズと

アークビュー・マーケット・リサーチの調べにおいて

アメリカ成人の使用する合法大麻の売上が

ここ1年で184%増えた

 

ニュー・フロンティア・ファイナンシャルズの創業者兼CEOであるジアダ・デカーサーは次のように話す。

「大麻は間違いなく、最も急速に成長している国内産業のひとつです。23の州が既に医療大麻を解禁しており、そのうちの4州とワシントンDCが成人の娯楽目的の使用を合法化しています。また10以上の州が来年中の大麻法改正に向けて議論しています。大半の州において、2016年は全面禁止から何らかの形での解禁に向かう転換点となるでしょう」

かつて2005年の大麻合法化について賛成はわずか36%

それが

現在は58%以上と過半数を優に超える。

 

アメリカ国内で

はじめて合法化したコロラド州においては

去年の2015年

大麻の税金とライセンス料による収入が

前年より77%増加し

1億3,500万ドル(約161億円)を計上したのだ。

 

コロラド州では

2014年の時点で大麻からの税収が7000万ドル(約86億円)。

アルコールからの税収4200万ドル(約51億円)を大きく上回り

米国で初めて

「大麻からの税収がアルコールを超えた州」として世界中を賑わせた。

 

合法化の際にトラブルが頻出したことで話題となったワシントン州では

初年度に7,000万ドル(約83億7,000万円)の税収を得た。

これらの実例が、

今後、新たに7州で年内に嗜好用大麻を合法化する動きを後押ししているのは言うまでもないだろう。

 

日本の酒税を見てみよう。

124

出典:財務省

 

1兆3274億円だ。

コロラドと同じようにみるならば

1兆以上の税収が見込め、

経済効果が大きく表れるであろうことを想像するのは容易い。

 

オランダにおいては

大麻を合法化したことにより

ハードドラッグと呼ばれる

覚せい剤、MDMAなどの使用率が減り

そういったものが原因の事件なども減っているという事も聞いた。

 

自分自身のものさしで考えよう

ruler

 

ここまで読んでいただけてうれしく思う。

合わせ以前の記事も読んでいただけたらば

より多くのことを知っていただけるだろう。

 

今まで何も知らずに

メディアや政府からの言いなりで

ダメだと思っていたものが

あなたの意見でないならば

あなたのものさしでこの問題について考えてほしい。

 

あなたの意見と思っていたものは

いつの間にか自分の意見にすり替えられていたのだ。

 

ダメだという人が

経験も何もしていない。

 

良さを知ろうとしていなければ

いい部分は隠れていく。

 

70年も前に作られた時代遅れの法律を

考え直す時が来たのではなかろうか。

 

最後に

僕からのお願いであるが

あなたがもし

この記事を読んで少しでも友人に知らせたいとか

初めて知ったということであれば

 

ぜひ、

SNSなどで拡散してほしい。

 

そして

1人でも多くの理解者が増えてくれれば

後進国から日本が抜け出せる日が来るかもしれない。

苦しみから助けられる人が増えるかもしれない。

 

ぜひあなたの力を貸していただければと強く思う。

 

 


最近の投稿記事


【ブラック企業】電通に入りたい?死に急ぐんじゃねーよ優秀な若者
http://todakeiichi.info/suicide_dentsu/

【人身売買】日本における人身売買の現状がひどすぎる
http://todakeiichi.info/human_trafficking/

【ヘアドネーション】僕が10年来伸ばし続けた髪の毛を切った理由
http://todakeiichi.info/hair_donation/

 

—————————————-
ブログ記事一覧 【思考記録】
—————————————-
http://todakeiichi.info/category/thinking/

★いいね12万超のバズ記事(他メディア掲載)
「ついにアメリカ政府が認めた】癌は大麻で治せる!!」
http://charisma.media/post/journal/life-style/16753.html

ascae2

★戸田慶一主催 社会実験記録
「【ゴミフェス】花火大会後の海岸はゴミ捨て場と化していた」
http://todakeiichi.info/after_fireworksfes_gabbage/

 


メッセージはLINE@からどうぞ


tdk1
LINEat_icon 


プーケットから連日配信中!


mail_tabibito

読者登録はこちら


僕の仲間を紹介します


canbansearch

ナンパ系ファッショニスタ キャン

ファッションだけでナンパし、ファッションだけでヤる。彼こそナンパできるファッションを牽引する男。彼はかつて全国の女を抱くためだけに旅に出た。その挑戦はやはり無謀でホームレスを経験したが、それでもナンパをやめなかった生粋のナンパ野郎。現在はYoutuber兼ブロガーであり、全国のブラザーをモテる男にするためのファンコミュニティーも運営している。

キャンちゃん公式ブログはこちら
http://fashionistacan.info/